葉酸サプリの妊娠準備術としての効果

葉酸サプリは、妊娠してからはもちろんですが、基本的には妊娠の1ヶ月前から1日400μgの摂取が厚生労働省からも推奨されています。
葉酸サプリオススメランキングはコチラ

 

これは、お腹の中の赤ちゃんへの先天性異常のリスクを下げる効果が葉酸にあることがわかっているのですが、実際に葉酸が求められるのが、赤ちゃんの内臓などが作られる妊娠初期。
ただし、妊娠初期というのは4週から12週なので、人によっては妊娠そのものに気がついていない場合もあります。

 

妊娠が発覚してから慌てて葉酸を摂ったのでは、必要なときに十分な葉酸がない!なんてこともあるので、妊娠を計画している方であれば、妊娠前の準備期間から葉酸サプリなどで十分に葉酸を摂るようにしたほうがいいわけですね。
もちろん、食事でも葉酸は摂れるのですが、残念ながら葉酸は、水溶性のビタミンB群の一種水に溶けやすいという特徴、そして熱にも弱いという特徴があります。
つまり、葉酸がたくさん入っている食材でも調理をすることで葉酸が流れたり、破壊されたりしてしまうので、なかなか食事からは十分な葉酸が取りづらいので、その分を葉酸サプリで補っていくという感じですね。

 

 

また、葉酸には血流などの改善にも効果的とされているので、妊娠し易いカラダ作りという意味の妊娠準備術として活用する方が増えています。
葉酸サプリが妊活サプリとして人気なのもそういう面があるからなんですよね。

 

それに、葉酸には着床のサポート、流産防止といった働きも期待されているので、流産予防という意味合いで妊娠準備術として葉酸サプリを飲んで、妊娠しやすい体をつくりをするのもおすすめですね!

 

芸能人にも愛用者の多い葉酸サプリがコチラ!